泣き

2017.07.17 Monday

0

    チューニングするときに

     

    ナットやサドルが”鳴く”ことがある。

     

    接点が鋭角だったり、巻き弦の抵抗が大きかったり

     

    いろんな原因があるが、

     

    弦高をこれ以上下げられないときは

     

    細部の加工を追及できず

     

    ”泣く”こともある。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    -------------------------

    Please click

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポンサーサイト

    2017.07.26 Wednesday

    0
      関連する記事